子供ギフトプレゼンツ┃雛人形や羽子板で季節の行事を祝う

雛人形

男の子の初正月のお祝い

子供

破魔弓は男の子の成長を祝う縁起物で、初正月に祖父母や親戚などから贈られます。12月中旬以降に飾りつけ、翌年1月15日頃にしまうのがよいとされています。大きさや素材は様々なものがありますので、飾る場所と予算に合わせて選ぶとよいでしょう。人生節目のお祝いなので、是非心を込めたお祝いをしてあげましょう。

Read More

遊び道具から縁起物へ発展

子供

羽子板は、もともと、正月に羽根をつく遊び道具で、板に絵を描いたものでしたが、時代の経過とともに、板に絵を描く手法が徐々に変化し、現在では押し絵の羽子板に人気が集まります。毎年、酉の市や歳の市では、職人によって作られた羽子板が立ち並び、多くの客で溢れる風景が見られます。

Read More

女の子のための行事

片付けの時期

雛人形

女の子がいる家は雛人形を飾ることが多いと思いますが、昔から「雛人形を早く片付けないとお嫁に行く時期が遅れる」と言われます。ではいつまでに飾っていつまでに片づければよいのかといいますと、大体立春とよばれる二月四日頃から二月中旬にかけてを目安にするとよいと思います。遅くても桃の節句と呼ばれる三月三日の一週間前までには飾るべきです。片付けはいつまでにすればいいのかというと、節句が済んだらできるだけ早くできれば中旬までに片づけるべきなのです。ここで注意しなければならないことは雛人形は湿気に弱いのでお天気の良い、乾燥した日に片づけることが良いと思います。片づける際に入れる防虫剤も匂いが移りやすいので人形専用の防虫剤を入れることが必要です。

飾る場所の配慮

最近マンション住まいの人や、床の間がない家を持つ家庭が増えてきていますので雛人形を買いたくても場所の問題が出てくると思います。ここで、人気なのは飾る台の中にすべての人形がしまえる物やマンションタイプ、従来の七段飾りの豪華なものなど様々な雛人形が存在することを買う前に勉強することが良いと思います。置きたい場所のサイズ等を図ることで希望の物を購入しても大丈夫なのかということもスムーズに雛人形を選ぶ上で大切なことです。また、雛人形を選ぶポイントとしては飽きのこないバランスの取れたものを選び、それぞれの予算内で収まるように色々工夫が必要です。着ている着物や、お顔でも値段が変わってきますので色などは好みで大丈夫なのですが人形のみを見るのではなく、他の人形や飾り等も含めた全体のバランスで購入すべきです。

男の子の初節句

子供

五月人形は母親の祖父母に買ってもらうことが一般的でしたが、現在は両家折半が多いです。買ってもらう際には飾る場所や収納スペースを考えて、一度下見してから希望を伝えるといいでしょう。人形店での購入は兄弟などがいる場合は兜や鎧の身を購入できるので、相談もできるしお勧めです。

Read More