子供ギフトプレゼンツ┃雛人形や羽子板で季節の行事を祝う

雛人形

遊び道具から縁起物へ発展

古くから伝わる縁起物

子供

古くから伝わる遊びの中に羽根つきがあります。羽根つきの始まりは、古くは室町時代にまで遡り、正月に行なわれる特別な戯れとして扱われていました。つまり、季節が限られた遊び道具であり、縁起物です。羽根つきに使用される羽子板は、もともと板に風物詩や人物のイメージ(絵柄)を描いたものが使用され、その形態は現在でも継承されています。同じ縁起物でも、「商売繁盛」を祈願する熊手や「魔除け」のための破魔矢は、玄関や仏壇のある部屋などに飾っておいて、1年間の役目が終わったタイミングで神社などに返納したり、焼却供養をして、新しいものを入手するのが習わしですが、羽子板の場合は、飾る場所に決め事はなく、返納する習わしがない点で異なります。

人気は描絵から押絵へ

羽子板は、歴史を重ねることで進化しました。もともと板に絵を直接、描写したり焼いたりする「描絵」、そして、紙や布を張った「貼絵」という手法でしたが、江戸時代には、板に押し絵細工の図柄を取り付けた「押し絵」形のものが登場しています。これは、もはや羽根つきに使用する道具ではなく、飾りとしての役割を担います。人気のある図柄ですが、まず、歌舞伎や能・狂言に登場する役者やをモチーフにしたものがあります。助六、紅白の連獅子、弁慶、め組など、いずれも男形です。そして、舞踊物と呼ばれる藤娘、春駒、浅妻などの女形です。最近では、その年に活躍した現代人をモチーフにした押し絵の羽子板も登場しています。毎年、「羽子板市」と称した酉の市や歳の市が行なわれ、職人の作った沢山の羽子板が店頭に所狭しと並びます。特に、年末には、歳の市に多くの客で溢れる風景が年末の風物詩となっています。